a.school ブログ

授業レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.02.19

中高生が挑む!最先端サイエンス vol.01(探究ラボ)

blog119b

初めまして、現役大学生、春から社会人のライターインターン、武井奏絵です!

今回から中高生向けの「探究ラボ・アドバンストクラス」(本郷校にて毎週木曜19:30〜21:30開催)に潜入して、中学生の体験や学びを現場の楽しい空気感と共にお伝えします。

2017年冬学期のテーマは「最先端サイエンス×ビジネス」
2チームに分かれて、チーム毎に選んだ「最先端サイエンス」を徹底的に探究し(学期前半・5コマ)、これを基に商品やサービスを作ります(後半・5コマ)。

初回の1月9日は、バイオベンチャーLPixelの島原さんをお招きして、サイエンスの奥深さや、その可能性の大きさを教えていただきました。
2回目の今回は、広いサイエンスの世界から子どもたちが徐々に「マイテーマ」を見つけて探究し始める様子をレポートします。

イメージを深めて難しい技術を理解する

今回授業のテーマは「最先端サイエンスの世界に飛び込もう!」

授業の冒頭に岩田さん(a.school代表/本郷校校長)が伝えたのは、今世界で最も注目されている最先端技術の名前トップ10。

「培養肉」「金属養殖」「腸内フローラ」・・・「あーなんか聞いたことあるー!」と興奮に沸き立つ教室で、岩田さんが映像を使って一つずつ具体的に説明します。

例えば「リアルガンダム」と称された「人型重機」。
遠隔地にいる人間の動作に合わせて、ロボットが動くというものです。

ガンダム型ロボット?!(出典:毎日新聞記事より

食い入るように映像を見る中高生に岩田さんが問いかけます。
「これは何に使う技術だろうね?」

少し考え込んだ後に、Yくんがおもむろに答えます。
「危ないところに入れそうだね、人間の入れないところに」
「確かに、原発とかそうだよね!」

Kくんも「極小さかったら体の中に入れて医療でも使えそう!」
一人の発言から次々とイメージが広がります。

一見難解なものごとも自分たちがイメージできるものと結びつけて考えることで理解が深まり、興味がわく。

「なんか面白そうだけど難しいね」と表面的な感想でとどまることなく、思考を深めることができます。

頭だけではなく、手を動かして理解する

いよいよチームごとに探究したいテーマを一つ選びます。

さすが中高生、揉めることなく建設的な議論をした結果、一つのチームは「宇宙機」、もう一方のチームは「台風発電」に決まりました。

早速、選んだ技術の「仕組み」を理解するために、何を調べると良いのか書き出しますが、「台風発電」チーム、ここで早くもある力に足を引っ張られ始めます。

それは「マグナス力」。
「台風発電」の仕組みを調べようとすると、どこにでも顔を出すこの力。

これを理解するまでは次に進めない…!とみんなで必死に調べます。

どうにかしてマグナス力を理解しようとする生徒たち

高度に専門的なことを、いかに自分たちなりに噛み砕いて理解するかということが課題ですが、文章を読むだけではどうもしっくりこない。

そこでRちゃんが提案します。
「そうだ、実際に台風発電を作ってみようよ」

早速、割り箸にペットボトルをさして風を送ります。
「あれ、うまく回らない、なんでだろう?」
「そうだペットボトルの周りに小さい羽がついてないからだ!」

実際に作ってみて確認をする。
そこでうまくいかなかったら原因を見つけるために探究する。

「サイエンス」の現場で研究者が行うようなことを、みんなそれと気づかないうちに実践しています。

授業時間内に結論が出なかったため、今日の実験をもとに追加の資材を取り揃えて来週続きを行うことになりました。

《まとめ》難しいとあきらめず、理解するために工夫する

小学生コースとは異なり、各チームテーマ決めはスムーズに決まりました。
でも選んだものが思った以上に難しい、調べても馴染みのない単語しか出てこない。
じゃあ理解することをあきらめる?いえ、そんなことはありません。

一見難しくてとっつきにくいことでも、「イメージしやすいものと結び付け」「試しに見よう見まねで手を動かして再現してみる」ことで自分たちなりに理解を深める。
作ってみたら自分たちが何を理解していないのかということが明確になる。

誰に言われるでもなく、自然とプロトタイピング制作から改善までの試行錯誤を実践できるのは、a.schoolの学習環境ならではだなと思いました。

来週は今日の気づきと課題をもとにさらに探究を深めます。乞うご期待!

▼「中高生が挑む!最先端サイエンス」シリーズ

  1. vol.1 「台風発電」「宇宙機」の探究がスタート!
  2. vol.2 試行錯誤の巻Part1
  3. vol.3 試行錯誤の巻Part2
  4. vol.4 「サイエンス×ビジネス」を考える
  5. vol.5 ビジネス案を発想する
  6. vol.6 ビジネスをつくりこむ
  7. こちらもどうぞ!小学生バージョン「チームで探究したらこう変わった!」

体験授業(無料)のお申し込みはこちら

a.schoolブログ

カテゴリー

最新記事

人気の記事

過去の記事

スマートフォン用サイトを見る