a.school ブログ

スタッフコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.02.22

選択肢は無限にできる〜未来の仕事を創造する1Dayキャンプ 報告レポート〜

1402ws2_1

2月11日に未来の仕事を創造する1Dayキャンプの第2回目を開催しました!

こんにちは。a.schoolパートナーの岡村です。 2月11日に行われたゼロイチ創造1dayキャンプー未来の仕事を創造しよう-2の開催報告をさせていただこうと思います。

2月2日に開催された1dayキャンプの第2弾!(2月2日の模様はこちら

今回はa.schoolの校長である岩田がゼロイチ創造トークを担当しました!未来の仕事を創造するワークは前回とほぼ同じものにも関わらず、アウトプットで出てきた未来の仕事は前回と全然違うカラーとなりました!人が違えば出るアイデアも変わるもの。人の個性がアイデアって作っているんですね。


a.schoolを創造するに至った原体験

1dayキャンプのはじまりは恒例のゼロイチ創造トークから。a.schoolを9月に立ち上げ、未来の仕事の創造に挑戦中の岩田が幼少期時代から今までどのように過ごし、起業に至ったのか高校生に向けて語りました。


dmy0000

幼少期の思い出を笑い交じりに語る岩田


感情的でうまくなじめなかった小学生時代、社会のリアルを教えてくれた中高時代の恩師との出会い、大学院時代に立ち上げた一人親家庭の小学生対象の教育系NPO法人の話など、a.schoolを創るにいたった大きな原体験とも言える話をし、高校生も真剣に聞き入っていました。岩田の話が終わったあとも、仕事や進路に関する質問が次々と飛び、活発な対話が行われました。

岩田のトークの内容は、後日岩田インタビュー記事で詳しく紹介させていただきます。お楽しみに!


自分の好きから創造する未来の仕事

トークのあとは、いよいよ未来の仕事を創造するワークのはじまりです。まず最初に自分の好きなことやなりたい、なりたかった仕事を個人でできるだけたくさんポストイットに出してもらい、それを用いて自己紹介をしてもらいました。

ゲームやプログラミングに興味のある子、教育や場づくりに興味のある子、みんなそれぞれの個性を発揮しながら自己紹介をしていました。


dmy0000

たくさん出た自分の好きを用いて自己紹介中。好きなことをしゃべるとみんな笑顔に。


次はいよいよみんなに未来の仕事を創り出してもらいます。前回と同様、たくさん出た好きなこととなりたい仕事を掛け合わせることで仕事の創造に挑戦します!

最初は個人戦!自分の出した好きなこととなりたい仕事の掛け合わせに挑戦してもらいました。しかし、みんななかなか苦戦状態。難しそうです。

そこで、今度は範囲を広げて、自分のだけでなく机にいっぱいたまったみんなの好きなこととなりたい仕事を、チームで意見をだし合いながら掛け合わせていきます。

そうすると不思議なことに、自分のだけでかけあわせたり、自分一人で考えていた時よりどんどんアイデアが出てきます。アイデアを考える時の重要ポイントのひとつはコラボレーション。多様な人の頭の中の要素や意見を組み合わせると、一人では考えられなかったようなアイデアを考え就くことができるんです。コラボレーションする力、これはa.schoolがゼロからイチを創り出す人を育む上で大事にしている力の一つです。


dmy0000

みんなで話すと、どんどん未来の仕事が創り出されます


未来の仕事図鑑を創ろう!

たくさん出たアイデアの中から、自分の一推しの未来の仕事を深堀りしていきます。どんなことを具体的にする仕事なの?その仕事はどんな人が向いているの?などワークシートを埋め、未来仕事図鑑の1ピースが完成させます。

dmy0000

お気に入りの未来の仕事を深堀中


最後は展示して、みんなで「未来にありそうな仕事」と「自分がなりたい仕事」を投票形式で選びました。


dmy0000

最後はみんなで創った未来の仕事図鑑を展示して投票です


選ばれたアイデアは。。。

まずは、未来にありそうな仕事第1位!
「共感ドクター」
診断後、その病気から回復に至るまでのストーリーを語ってくれるお医者さん。病気やけがをポジティブに語ってくれることにより、患者さんがより病気に向き合いやすくなるのではないかということから生まれました。スキルとしては相手の心情に合わせたお話ができることが必須なので、共感力が重要だということです!

つぎは、自分がなりたい仕事第1位!
「ピタゴラプランナー」
ピタゴラ装置って知ってますか?NHKのピタゴラスイッチという番組に搭乗するからくり装置で、ドミノ倒しのように一度きかっけを与えるとビー玉などが転がり次々ものにぶつかって運動が引き継がれていくものをさすそうです。そのピタゴラ装置を使って結婚式などのイベントでサプライズを行ってくれるプランナーに人気が集まりました。人に喜んでもらえるものを創れる職業はやはり人気なようです!


dmy0000

最後は発表!ピタゴラプランナーになりたいのはサプライズが好きだからだそう。


人生の選択肢は自分でいくらでも創れる

アイデアを出したあとは今日のふりかえり。

「人生の選択肢は自分でいくらでも創れる。自分が楽しいと思うことを一生かけて追及する!」「今ある仕事だけが選択肢じゃない!」などの感想が多く、好きなことから自分で仕事が作れるということへの気づきが大きいワークだったようです。

アイデアだけでなく、好きなことから実際に自分で仕事を創っていく高校生が表れる、そんな日は近いかもしれません。

a.schoolブログ

カテゴリー

最新記事

人気の記事

過去の記事

スマートフォン用サイトを見る