a.school ブログ

スタッフコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016.08.17

a.school生が作ったカードゲームを製品化!クラウドファンディングに挑戦中です!

14002402_1228016843917599_520825197_o

こんばんは。a.schoolの岡村です。

暑い日が続く夏休みですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

夏休みのa.schoolは、山へいったり、プログラミングに挑戦したり、夏の特別プログラムで毎日賑わってます。そして、それと並行して、現在初めてのクラウドファンディングに挑戦中です。

今回のクラウドファンディングは、a.schoolの授業の中で、こどもたちが制作したカードゲームの制作費を支援していただくというもの。

なぜ、挑戦しているのか。

それは、こどもたちが社会に挑戦することを、後押しをするため。こどもたちが、表現するもの、創作するもの、伝えたいことを教室の中だけのものに終わらせず、実際の社会に届けていってほしい。その中で試行錯誤しながらいろんな学びを得てほしい。

そう思っているので、今回カードゲームもただの紙ペラで終わらせず、こどもたちが製品化して世の中に届けるという挑戦を私たちは私たちにできる方法で、応援したいと思いました。

そして、クラウドファンディングをはじめて18日間、本日みなさまのご支援をいただき、第1ゴールである「18万円」を達成しました。それと同時に、「接客の匠」「和札」の2作品を無事制作できることが決定しました。(パチパチパチパチ!)

本当にありがとうございます。

ネクストゴール(30万)への挑戦はじまる

実は、ここで挑戦は終わりません。
あと2作品の製品化に挑戦したいと思っています。

老人をたくさん集めたら勝ち!という「老人あつめ様」、職人が究極のどらやきを作る旅に出るという「職人トレジャー」。どちらもかなりとがったアイディアの作品。だからルール作りも難しい。

老人集め様。なぜ「様」がついているのか、いまだに謎ですが、老人へのリスペクトがこめられたオリジナリティあふれる作品

職人トレジャー。職人の仕事愛を表現する作品。素材へのこだわりが強ければ強いほど、おいしいどらやきをつくれるというもの。

製品化できるかわからない状態の中で、夏休みを返上して、日々製品化に向けて、ゲーム制作会社のゲーミフィジャパンさんとの打ち合わせに、家でのテストプレイに日々頑張っています。

4作品、すべて製品化したい。

「老人集め様」と「職人トレジャー」の2作品も、特典に新たに追加しています!ぜひ、引き続きご支援よろしくお願いいたします。

(こちらからご支援いただけます。)

スマートフォン用サイトを見る