a.school ブログ

スタッフコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.12.09

修学旅行先がa.schoolになる時代

shuugaku1

こんにちは、a.school校長 岩田です。

11/18(火)に、高知商業高校から20人の高校生がa.school 本郷校に来てくれました。なんと、修学旅行の一部というから驚きです。東京への修学旅行というと、浅草、スカイツリー、渋谷、お台場、などを思い浮かべますが、東京の経営者・社会起業家のもとを訪れるというプログラムが高知商業高校の修学旅行には組み込まれているのです。

ちなみに、高知商業高校は、高知大学と高大連携を進めていて、こういった修学旅行などの実践型プログラムを積極的に行っているようです。a.schoolとしても、修学旅行の受け入れは初めて、地域の中高生へのプログラムも初めて、だったので、緊張の一日でした。


高知の高校生と人生について対話する

せっかく高知から来てくれた高校生に何を伝えようか、と悩んだあげく、「僕の人生と学び」について話すことにしました。講演、ワークショップ、対話、と織り交ぜて2時間の授業を行ったのですが、一番盛り上がったのは、対話パート。

「昔から教師になりたいという夢があるのですが、最近自分には向いてないのではないかと思い始めました。諦めたほうがいいですか?」「哲学が好きで、大学に入って哲学を学びたいと思っているのですが、全然仕事に結びつかないと思うんです。やっぱり経済学部とかのほうがいいんですかね?」「どうやったら色んなことにチャレンジして生きていけるんですか?」など、進路や生き方についての問いがたくさん。1時間もの間、対話は続きました。

高校生たちに何か「ここに来てよかった」というメッセージが残せたか自信はありませんでしたが、後日1人の高校生からはメールをいただき、今となってはチャレンジしてよかったなと思っています。今後こういった、より実践的な学びと遊びを兼ね備えた修学旅行も増えていくのではないでしょうか?

a.schoolブログ

カテゴリー

最新記事

人気の記事

過去の記事

スマートフォン用サイトを見る