a.school ブログ

中高生コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013.11.20

【高校生レポート特別編①】自分たちの手で何かを創造するのは面白く、ワクワクする!

kousen1

今回は、初めて学校で開催した「高専生がデザイン!2030年の新しい授業」に参加してくれた、高専3年生の清水さんのレポートです!


1. 全体的な感想

簡潔にまとめると参加してよかったです。学べることは深く、胸に響くことも多く、考えさせられることばかりでした。さらに、アットホームな環境が心を和ませ、集中してワークショップに取り組むことができました。スタッフの方々も積極的で、学生たちよりパワフルな人々ばかりでした。また参加したいと思っています。

2. 1番印象に残っていること

(1) 岩田校長のトークについて

最初の一言が場を和ませ、自分たちの緊張も解いてくれましたね。面白く、新鮮ですごく機転の利いてるジョークだったと思います。

(2) 授業を創造するワークショップについて

一つ一つの企画が画期的・革新的じゃなくとも、それぞれを合わせることによってより画期的に、より革新的になっていくのが新鮮で心躍った。自分たちの手で何かを創造するというのは面白く、ワクワクする。時間をかけ、少しずつ構築し、クオリティーをあげ、一つのれっきとした企画とする。結果だけではなく、過程も楽しめるところが印象的ですね。

3. 自分の中で変化したこと・気づき

今までも自分なりにアクティブに、フリーダムに動いていたと思っていたんですが、まだまだだなと思わされました。現状を維持するのは簡単で停滞するのは楽で、変化しないのは平和でいい。自分はある程度妥協する部分がありました。妥協することも大切なことですが、自分ならできるのにそれでも妥協するのはただの逃げ。こんな自分を変えられるなら、もう一回り大きな自分と出会えるのではないかと思えるようになりました。 

4. 今後の行動に生かそうと思うこと

自分から新しいことに積極的に取り組もうと思いました。環境の変化、未知のもとというのは「恐怖」ですが、怖がるだけじゃ自分は変わらないので。それと今回のワークショップでは「怖れず進む」ということが胸響きました。

取り組んだことは最後まであきらめず、続けたいと思います。取り組んでいることをあきらめてやめるというのも勇気が必要なことですが、諦めないことも勇気だと思います。一時の勇気と持続させる勇気、どちらが大変かはじめいですよね?自分は後者で頑張りたいです。

a.schoolブログ

カテゴリー

最新記事

人気の記事

過去の記事

スマートフォン用サイトを見る