おしごと算数

仕事でいきる算数を手に入れよう!
アウトプット型・探究学習塾

「算数ってなんの役に立つの?」 目の前の計算ドリルに飽き飽きしてしまった子どもにこそおすすめしたいコースです。デザイナーや栄養士、貿易商など、気になるあの仕事にも算数が見え隠れして、自然と親しみを感じられるようになります。教科書からは学べない、算数・数学的なものの見方や考え方を鍛えます。

1

おしごと算数で
身につく「8つの力」

  • 夢中になる力
    夢中になる力
  • 論理的思考力
    論理的思考力
  • 伝える力
    伝える力
  • 振り返る力
    振り返る力
  • ひらめき力
    ひらめき力
  • 試行錯誤力
    試行錯誤力
  • 図形センス
    図形センス
  • 読解力
    読解力
2

おしごと算数の
「3つの特長」

  • 1

    子ども達の「なぜ?」「ワクワク!」を引き出す仕掛けが満載

  • 2

    身の回りの物事に対して算数的なひらめきや着眼点を持てる

  • 3

    算数の要となる論理的な思考力や試行錯誤する力が身につく

ゲームにパズル、クイズに工作・・・思わず夢中になってしまうような「遊び」を入り口とすることで、算数が好きな子も嫌いな子も、ワクワクと主体的に取り組めます。そうして教科書やドリルをとびだし探究するのは、暮らしや仕事で使われる算数です。

「コンビニ店長」になって計算力を磨いたり、「ロゴデザイナー」になって図形センスを磨いたり、「投資家・ギャンブラー」になって確率的思考を身につけたり・・・将来仕事の支えに必ずなる、「算数の目」「算数の頭」を鍛え、実践力を磨きましょう。

3

保護者の声

  • おしごと算数に参加した保護者の声
    小3女 保護者
    とにかく算数が好きになり、よく「思考パズルの問題がほしい!」と言ってきます。こんなに楽しく算数の問題を解くんだと驚きです。あと、あまり大勢の前では発言しないタイプだったのですが、手を挙げる回数が増えたのも変化です。
  • おしごと算数に参加した保護者の声
    小5女 保護者
    算数への苦手意識をなくしたいと思って通わせ始めました。毎回テーマが奥深く、「楽しい」と休まずに通っています。また、自信がない時に「黙る」ことが少なくなり、解決方法を自分なりに模索して考え続けるようになったと感じます。
  • おしごと算数に参加した保護者の声
    小5男 保護者
    算数の授業なのですが、身の回りのものをきっかけとして視野を広げられるような内容なので、生活の中で通り過ぎてしまうものやできごとに気づけるように変わってきたと思います。勉強のように、「やらなければいけないからやる」という意識でなく、自然と前向きに取り組めるのがいいです。
4

8つの授業

コンビニ店長

商売ゲームで
計算を学ぼう!

今日はいくら儲かった?明日の仕入れはどうしよう?お店の経営には「計算力」「先読み力」が欠かせません。

お釣りの計算から仕入管理や売上・利益の算出まで、利益の最大化を目指してチーム対戦で挑む「コンビニ店長」ゲームは、商売の疑似体験から自然と計算に慣れ親しめるプログラムです。

計算ドリルを通してただ機械的に反復練習を行うのではなく、どんな時に計算が役立つのか、数字が教えてくれる意味や価値を実感できるところがポイント。

また、天気や季節のイベントなどのヒントから、数字の変化を予測する「先読み力」も鍛えます。商売の仕組みまで興味関心を広げる、多角的な内容です。

ロゴデザイナー

図形を使って、
マークを作ろう!

街なかにあふれるさまざまな標識・サイン・ロゴマーク。そのシンプルな図柄には、人々がぱっと直感的に認識できるようにと、たくさんの工夫がなされています。

「ロゴデザイナー」が駆使するのは、平面図形の性質を生かして、絶妙なバランスで組み合わせる「図形センス」です。

このプログラムでは、いくつかのデザイン・ミッションに挑戦しながら、定規やコンパスを使った作図の腕を磨いたり、平行・垂直・対称性など図形の特徴を理解して応用する技を身に着けたりと、図形を使った創造力を伸ばします。

街なかで見つけたロゴマークの成り立ちをつい分析したくなる、暮らしに密着した図形探究です。

模型クリエイター

比・縮尺で世界を
手のひらに乗せよう!

車や船、食べ物、お城に街・・・実在する人やものの大きさを計測し、適切な比を保って縮小する技を駆使して作品をつくるのが、プロの「模型クリエイター」です。

「この模型は何分の1サイズ?」「この模型人形にとってサッカーコートはどのくらい?」と、ミニチュア世界と現実世界を行き来しながら、「単位」「計測」「比」「相似」を学ぶこのプログラム、後半はオリジナル模型づくりに挑戦!

ただ模型を作るだけではなく、ブロッコリーを木に見立てるなど、身近なものから別の景色を生み出せたら、よりユニークな作品に仕上がります。工作好きには特におすすめの内容です。

グラフィックエディター

情報をわかりやすく!
グラフを面白く!

雑誌や新聞、ウェブサイトなどをみるとたまに目にする、グラフや図表

複雑な情報をわかりやすく、面白く伝えるのが、「グラフィックエディター」の仕事です。最近では、より洗練されたビジュアルをもつ、「インフォグラフィックス」という手法も編み出されています。

このプログラムでは、自分が関心をもつテーマについてとことん調べ、そのデータをもとに、インフォグラフィックスを活用した雑誌のオリジナル特集をつくります。

棒・帯・折れ線・円などのさまざまなグラフをマスターするのはもちろんのこと、「情報収集・編集力」(事実を正確に把握し、ポイントを簡潔に伝える)、「視覚化スキル」が磨かれるプログラムです。

未来予報士

データから
未来を読み解こう!

天気予報、人口予測、株価予測・・・新聞やニュースでよくとりあげられる、未来についての予報や予測。ずっと先のことをどのように予測しているのか、気になりませんか?

「未来予報士」とは、数の増減から物事を分析し、「規則性」や「関連性」を発見する仕事です。

人気映画の興行収入はどう変化する?日本の駅の数は増える、それとも減る?

複数の数量データを比較したり、時系列変化を観察したりしながら未来を予測するこのプログラムでは、「概数」「関数(比例・反比例)」「数列」といった算数だけでなく、「システム思考」(ものごとの因果関係を分析する力)も養います。

栄養士・トレーナー

食事や運動の中にひそむ
沢山の数たち!

ビタミン不足を解消するために、どんな食事をすればいいだろう?水泳大会で活躍する身体になるために、いつどのくらい運動をすればいいだろう?

「栄養士」や「トレーナー」とは、一人ひとりの身体の特徴や状態にあわせて、適切な栄養とエネルギー消費量から食事・運動メニューを提案する仕事です。

食材カードや運動カードを組み合わせて、お客さんのニーズに合わせたメニューづくりを競うゲームを入り口として、「表の読み取り・計算」「比」「割合」に対する理解を深め、実践力を養います。

必要な情報や条件を読み取る力だけでなく、栄養や運動についても知識が深められるこのプログラム、後半は自分の家族の健康改善プロジェクトに取り組みます。

投資家・ギャンブラー

目指せ、確率マスター!

あの会社はこれから伸びる?どの会社の未来に賭けてみよう?

「投資家」とは、会社の経営や世の中の動きに関するさまざまな情報を読み解き、蓋然性を判断する仕事です。

蓋然性とは、なにかが現実となる確実性、つまり「確率」のこと。投資家やギャンブラーには、「確率(場合の数)」を計算する頭と、リスクを操りリターンを得る度胸(意思決定する力、判断力)が欠かせません。

サイコロ・ルーレット・トランプを使ったカジノゲームで盛り上がったら、a.schoolが独自開発した投資家ゲームに挑戦!株価の分析など経済情報にも触れながら、運用成績のアップを目指します。

貿易商

貿易ゲームで
単位を通訳しよう!

貿易と共に発展した、ものをはかるための「単位」。長さ・重さ・体積・時間といった単位が世界共通でなかった時代は長く、国を越えてものを運び売買する大きな障壁となっていました。

時間やメートル・グラムなどにまつわる単位発展の歴史クイズに答え、「刻」や「ファゾム」「尺」など昔の単位を使って遊んだら、貿易実務ゲームに挑戦!単位変換の通訳をしながら、商売・物流のサポート(品物を安く・早く・安全に届ける)をします。

単位を丸暗記するのではなく、数字の条件を読み解く力、効率性を追究する力につなげます。

5

校舎と料金

〒113-0033
東京都文京区本郷4丁目1-7 近江屋第二ビル 601
都営大江戸線 本郷三丁目駅4番出口から徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅本郷通方面出口から徒歩3分
クラス
Entryクラス 小1〜3向け・60分授業
Basicクラス 小4〜6向け・120分授業
おしごと算数開講日
月曜日
16:00〜17:00
火曜日
16:00〜17:00
土曜日
13:00〜14:00
月曜日
17:15〜19:15
火曜日
17:15〜19:15
入塾金
20,000円
20,000円
授業料
10,000円/月
20,000円/月

パートナー校の紹介

「もっと楽しく、夢中に学べたら」
「生き抜くために必要な、本当の力を養えたら」
「人生の選択肢が広がるような学びがあったら」

そんな「あったらいいな」を実現する、
エイスクールの探究学習。

ワークショップ形式やアウトプット中心の
授業にこだわるのも、子ども達が主役の
学び場を届けたいから。

子どもの今を輝かせ、
豊かな未来をつかむ後押しをします。