ニュースリリース

人材募集

  • 2017.09.06

【第1期生募集】a.school Mentors:インターンシップ・プログラム(大学生〜若手社会人対象)

①

学びの最前線で、子どもを伸ばす、自分も育つ。

a.school Mentorsは、探究学習の担い手を育成する、理論と実践を織り交ぜたインターンシップ・プログラムです。
探究学習のフロントランナーであるa.schoolの直営校にて、ユニークなカリキュラムに触れながら、生徒一人ひとりの学びを支え伴走する「メンター」として活躍することを目的としています。

ファシリテーションやメンタリングの力を鍛えるのはもちろん、探究的に生きるための思考法やマインドセットなど、メンター自身が「成長し続ける人」になるための土台を整えるところが特徴です。

刺激をくれる生徒やゲスト講師との出会い、
様々なバックグラウンドを持つa.schoolのスタッフ・サポーターとの交流、
そして大学や学部の壁を越えて集まる仲間との切磋琢磨。
新たな未来を共に創る、若き挑戦者をお待ちしております!

Programme

理論と実践で成長する、総合型のプログラム

プログラムは、1. 授業実践 2. 個別セッション 3. 集合研修の3つで構成されます。
まずは探究学習の現場に飛び込んで、担当する生徒の学びをサポートしながら、発見と課題解決を繰り返します。
個別セッションや集団研修では、具体的な指導法(理論)を習得したり、自分自身の目標達成や将来設計について相談したりと、実践から得た学びを更に深め、自分の糧にします。
それぞれの機会をどのように活用して、ステップアップを目指すかは自分次第!

授業実践

探究ラボ(ベーシック)

ファシリテーター(講師)が授業全体の運営を担うのに対し、メンターは生徒と並んで座り、グループ・ファシリテーションから個々人のメンタリングを手がけます。
まずは生徒一人ひとりを深く理解し、信頼関係を構築するところからスタート。
そのうえで、生徒の思考や試行錯誤を促すような問いかけを繰り返し、「答えを教える」のではなく「自分で考えて答えを見つける」サポートをします。

※担当するクラスによって、通勤日時・場所が異なります。一度に担当する生徒数は、最大4名です。

「世界」が広がる探究ラボ

探究ラボ

言うなれば、「小中高生版リベラル・アーツ」。
毎月様々なテーマに触れることで、広範囲な教養とともに圧倒的な探究力とクリエイティビティが備わります。「大人の自由研究」として、メンター自らも課題に挑戦してほしい授業です。

▼プログラム例(小学生低学年クラス)
9月:はじまりのプログラミング
10月:世界の食と料理
11月:世界の偉人演劇
12月:未来の自分アニメ

「理系脳」を育む算数

算数

数の起源から身の回りの図形探究まで、算数の本質に迫るカリキュラムが特徴。
思考ゲームやパズル、工作など様々なアプローチから算数の魅力に迫ります。
算数・数学好きを増やしたい、自ら理系脳を鍛えて論理的思考を養いたい方々におすすめです。

▼プログラム例(小学生低学年クラス)
9-10月:商売と計算
11-12月:時間のトリビア
1月:オリジナル問題集の制作
2-3月:グラフとデザイン

個別セッション

メンター面談

月に一度、生徒とメンター自身の学びについて、ファシリテーターと一対一で議論をします。
生徒の観察結果を言語化する過程で鍛えられるのは、分析力・仮説検証力などの論理的思考力。
このプロセスを経ることで、次月の授業実践をぐっと改善できます。
また、自分自身の成長についても、しっかり内省するところがポイント。
ファシリテーターの評価やアドバイスを受けつつ、自分の強み・弱みに向き合います。

a.schoolでメンターが鍛える力は、主に5つ。

授業運営に関する3つの力(*1)はもちろん、探究型の学びを支える2つの思考法(*2)の習得に力を入れている点において、他の研修プログラムとは一線を画します。

生身の小中高生に本気で向き合う機会があるからこそ、机上の空論ではなく実体験をもって、これらの力の養い方・使い方を習得するのです。

集合研修

メンター研修

 

集合研修で行うのは、メンター業務に役立つ理論やノウハウが身につく講義/ワークショップと、多彩な職業バックグラウンドを持つ大人から刺激を受けるゲストトークの、主に2種類です。
先輩・後輩メンターが集合して互いに経験談を共有したり、課題解決のヒントをもらったりと、ざっくばらんに議論します。
またゲストトークでは、様々な働き方・生き方に触れることで、キャリア形成に役立てます。

▼講義/ワークショップ テーマ例
・a.schoolの授業(ワークショップ)を分解してみよう
・思考力ってなに?定義と伸ばし方
・大人の探究!オリジナルチャートコミックをつくりだせ(創造力特訓)

▼ゲストトーク テーマ例
・”問い”をデザインする技法
・ピタゴラスイッチから得た、クリエイティブな学びの作り方
“世界”に飛び出て学んだこと

▼探究学習に必要なスキル・マインドの確認

▼探究力・創造力をぐっと鍛える、ワークショップ

▼視野が広がり、将来の選択肢が見えてくるゲストトーク

Mentors

小中高生のロールモデルとして活躍する、多彩なメンター陣

帰国子女から美大生、教職経験者や起業家の卵まで、個性豊かな面々がそろう、a.school Mentors。
「子どもの可能性を引き出す問いかけは、そのまま自分を見つめ直す問いかけに変わる」をモットーに、子どもの学びと自分の成長に真剣に向き合う、魅力的な同志達です。

それなりに経験を積んできたと思っていても実際に子ども達にファシリテーションをしてみると、実はできていない(これまでに培ったファシリテーションの力が通用しない)という事実に直面する機会が多く、自分の力を問い直す機会になります。
ファシリテーションにちょっと自信があると”思っている”、子どもと接するのに慣れていると”思っている”人にこそオススメのインターンです!
(青山学院大学・男)

一方通行の授業形式が合わず、大学で学ぶことに興味を失っていましたが、a.schoolの授業を通じて学びの面白さに気づき、子ども達の変化や成長と向き合う中で自分を見つめ直すようになりました。
a.schoolのおかげで、学ぶ意欲に火がついて、海外大学院への進学を挑戦しようと思っています!
(慶応義塾大学・女)

《a.school Mentors募集要項》

▼募集対象
・大学生・大学院生・若手社会人

▼契約期間
・2017年10月〜2018年3月末(9月末勤務開始/更新有り)
※2018年3月末までコミットできない方は応相談

▼プログラム内容
・オリエンテーションへの参加(9/30 13:00〜16:00)
・週1コマ(1時間〜2時間)以上の授業出席(主に平日16:00〜21:30で開講)
・月次報告の執筆(生徒の学びについて、担当生徒一人あたり1時間程度。自宅作業と面談の組み合わせ)
・集合研修への参加(10/27、11/24、12/22、2/2、3/2、3/30 いずれも20:00〜21:30)
※その他任意業務として、保護者会(学期毎に開催)への出席
※その他特典として、単発イベントやワークショップへの参加(無料)

▼勤務地 
本郷校 柏の葉校

▼給与条件
・時給1,000円〜(交通費・実費支給あり/昇格制度有)

▼募集要件
・学びに対して意欲的で、新しい知識の吸収や実践をワクワクと楽しめる人
・型にはまらず、自分なりの学習スタイルを試行錯誤してきた人
・生徒一人ひとりの力を引き出して成長をサポートすることに、やりがいを感じる人

▼応募方法
・以下の情報を、info@aschool.co.jpにお送り下さい。3営業日以内を目安に、個別面談のご連絡を差し上げます。

1. 件名:a.school Mentors応募

2. 本文:1.名前、2.大学名・専攻、3.学年、4.志望理由(300字程度)
3. 添付資料:履歴書

※採用が決まり次第締め切らせていただきます(先着優先)。

▼応募〆切
・2017年9月29日(金)

スマートフォン用サイトを見る