イベント詳細

【中高生対象】学びの四次元ポケット~5教科をもっと楽しく学ぶには?~(通塾コース)

自分にぴったりの学び方を開発しよう!一生ものの学ぶ姿勢を、この秋、あなたへ。

中高生コース(通塾)
68402963_2421366858111820_7695050152691630080_n

募集中

日程 :
毎週木曜19:30〜21:30(9/5〜12/19)
定員 :
12
対象 :
中高生(大学生・社会人:若干名)
講師・ゲスト :
星功基(学び表現作家/a.school研究開発者)
場所 :
a.school本郷校
授業料 :
22,000円/月(税込/9月のみ21,600円)

申込締切日:2019年9月26日

お申し込みはこちら

2019/08/18 update

イベント内容

※【8/27追記】ご要望を多くいただきましたので、単発受講のオプションを追加しました。安定的なクラス運営のためにも、できる限り3回以上の受講をお願いします(クラス全体のバランスをみて、特例の受付も検討いたしますのでご相談ください)
※学び直しをしたい/学習科学・学習エンタメを深めたい大学生や社会人の方も若干名受け入れいたします。
授業初回のみ無料にてご体験いただけます(通塾継続のご判断は体験後で結構です)。

「学習方法」を発明しよう!

「これニガテなんだよなあ。」
「なんかやる気でないなあ。」
「この勉強のしかた効果出るのかな?」
「ああわかんないつまらない。」
「テストに出るしやるしかないか。」

勉強するとき、こんな思いを抱いたことありませんか?

そんなとき、ドラえもんの四次元ポケットみたいに
ピッタリの学びの道具を取り出せれば、
楽しく効果的に学んでいくことができます。

せっかく勉強するなら、楽しくやらなきゃもったいない!

今回のプロジェクトでは、
5教科を楽しく学ぶ方法を様々な切り口で探究していきます。
きっとあなたに合った学び方が見つかるはず。

 

 

◎本プロジェクトで目指すゴール

⇒つまらないと思っていた教科について興味関心を持つ!
⇒自分で学び方を工夫する力がつく!
⇒学習科学や理論など、「学ぶこと」そのものへの理解が深まり、自分なりの取り組み方について考えられるようになる!

日程

日時 内容
第1回 2019/09/05(木)

学びの道具「認知特性」「好き分析」
・全体導入
・認知特性ワーク
・好き分析ワーク

第2回 2019/09/12(木)

学びの道具「エンタメ化」
・事例研究:中田敦彦YouTube大学、うんこ漢字ドリルなど
・エンタメ化ミニワーク

第3回 2019/09/19(木)

学びの道具「学習科学」「自己調整学習」
・学習科学講義
・自己調整学習講義
・学びのプランニングワーク

第4回 2019/09/26(木)

学びの道具「歌化」
・自己調整学習の実践振り返り
・事例研究:ボカロ教材、ラップ教材など
・歌化ミニワーク

第5回 2019/10/03(木)

学びの道具「ゲーム化」
・自己調整学習の実践振り返り
・事例研究:対戦型カードゲーム、スタンプラリーなど
・ゲーム化ミニワーク

第6回 2019/10/10(木)

学びの道具「図式・イラスト化」
・自己調整学習の実践振り返り
・事例研究:ハートで感じる英文法 、語源辞典など
・図式・イラスト化ミニワーク

第7回 2019/10/17(木)

学びの道具「みんなでノート」
・自己調整学習の実践振り返り
・ノートのとり方研究
・一斉ノートミニワーク
・クリエイトノートミニワーク

第8回 2019/10/24(木)

学びの道具「映像化」
・自己調整学習の実践振り返り
・事例研究:日常にひそむ数理曲線、大科学実験、パワーズオブテンなど
・映像化ミニワーク

第9回 2019/10/31(木)

学びの道具「体験化」
・自己調整学習の実践振り返り
・事例研究:DEDEkit、VR教材など
・体験化ミニワーク

第10回 2019/11/7(木)

学びの道具「編集・キュレーション」
・自己調整学習振り返りタイム
・事例研究:教科書に載った小説、ざんねんないきもの辞典など
・編集・キュレーションミニワーク

第11回 2019/11/14(木)

実践演習1-1
・一石二鳥シリーズ(メディア:紙)をつくろう! 企画

 

※実践演習1では、これまで学んできた学びの道具を使って、複数の教科や単元を一石二鳥に学べる紙教材を作ることで、道具の応用力と学びをシェアするマインドを上げていきます。
(一石二鳥の例:理科×数学=単位、歴史×地理=白地図に全部など)

第12回 2019/11/21(木)

実践演習1-2
・一石二鳥シリーズ(メディア:紙)をつくろう! 試作

第13回 2019/11/28(木)

実践演習1-3
・一石二鳥シリーズ(メディア:紙)をつくろう! 仕上げ・発表・振り返り

第14回 2019/12/5(木)

実践演習2-1
・好きの土俵シリーズ(メディア:スマホ)をつくろう! 企画

 

※実践演習2では、自分の好きに引き寄せた編集アイディアで、YouTubeやGIF、写真などスマホで学べる教材を作ることで、道具の応用力と学びをシェアするマインドを上げていきます。
(好きの土俵の例:何でも阪神に例える、鉄道の路線図にあてはめる)

第15回 2019/12/12(木)

実践演習2-2
・好きの土俵シリーズ(メディア:スマホ)をつくろう! 試作

第16回 2019/12/19(木)

実践演習2-3
・好きの土俵シリーズ(メディア:スマホ)をつくろう! 仕上げ・発表
・全体の振り返り

※各回の内容は変更の可能性があります。予めご了承ください。

講師・ゲスト

学び表現作家/a.school研究開発者

星 功基

慶應義塾大学環境情報学部卒業。
佐藤雅彦研究室にて「ピタゴラスイッチ」(NHK Eテレ)や「日常にひそむ数理曲線」(ベネッセコーポレーションとの共同研究)などのプロジェクトに携わる。

ベネッセコーポレーション進研ゼミ中学講座にて、12年間、理科や数学の教材編集、デジタル推進を担当。
「学びは自分たちでつくる:Cスタ」など、学びと表現の間を探る活動・作品づくりを行う。

2019年8月よりフリーの絵本作家・教材作家として活動。
a.school研究開発者。
また文字とことばのデザインユニット二歩として2019年11月にはじめての絵本を刊行予定。

株式会社a.school 代表取締役

岩田 拓真

1985年京都生まれ。京都大学総合人間学部卒、東京大学大学院工学系研究科修了。修士号(工学)。東京大学i.schoolにてイノベーション創出の方法論について学ぶ。

大学卒業後は、経営コンサルティング会社Boston Consulting Groupにてコンサルタントとして勤務し、その傍ら小学生から社会人まで様々な層を対象とした教育・人材育成プログラムの企画・運営に携わる。その後、a.schoolを創業。

現在はa.schoolにて、学習塾の運営、様々な教育プログラムの企画・運営、学習塾・学校への教育ノウハウの提供等を行う。NPO法人 Motivation Maker 理事。NPO法人 放課後NPOアフタースクール アドバイザー。

場所

会場:
a.school 本郷校
住所:
〒 113-0033 東京都文京区本郷4丁目1-7 近江屋第二ビル 601
(都営大江戸線 本郷三丁目駅4番出口から徒歩1分)
(東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅本郷通方面出口から徒歩3分)

大きな地図で見る

イベント概要

コース名

【中高生対象】学びの四次元ポケット~5教科をもっと楽しく学ぶには?~

日程

2019年9月5日(木)〜12月19日(木)

毎週木曜19:30〜21:30

(2時間×全16回、通塾コース)

場所 a.school 本郷校
対象 中高生(大学生・社会人も若干名受け入れます)
定員 12名
申込締切日

2019年9月26日 (木)

授業料

入塾金:22,000円(税込)

お月謝:22,000円(税込、ただし9月のみ21,600円)

 

※(受講オプション1)本プロジェクトのみの受講をご希望の場合は、入塾金なしで24,200円/月(税込、ただし9月のみ23,760円) となります。 

※(受講オプション2)各回数名のみ、単発受講もお受付いたします。ご料金は一律6,500円/回(税込)です。

※受講オプション1,2いずれの場合も、お申込み時にコメント欄へその旨お伝えください。特にオプション2を選択される場合は、受講を希望される回についてもお伝えください。

※お支払方法:

前月25日までに前払いをお願いしております(銀行振込/クレジットカード)。

学期はじめに一括払いも可能です。

詳しくはご相談ください。

 

講師・ゲスト

星功基、岩田拓真

主催 株式会社a.school

上記イベントのお申し込みフォーム

が付いている項目は入力必須

お申込講座①
お申込講座②
お申込講座③
お申込講座④
お支払い方法
 銀行振込 クレジットカード
受講者氏名(漢字)
受講者氏名(カナ)
受講者学年
メールアドレス
お電話番号
お住まい
a.schoolご参加経験
ご参加のきっかけ
通塾へのご関心
 関心あり 関心なし
メルマガの登録
 登録済み 希望する 希望しない
コメント欄

※ご兄妹姉妹でのお申込の場合、こちらに追加受講者の方の【姓名(せいめい)、学年、お申込講座】をお知らせください。


個人情報の取り扱いについて

スマートフォン用サイトを見る