a.school ブログ

校長コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2018.10.11

新授業!おしごと算数『投資家・ギャンブラー編』

investor1

a.schoolの「探究算数」の授業で11〜12月に実施するのは、
新シリーズ『投資家・ギャンブラー編』!(全8回)

弊社代表・設計リーダーの岩田が、その魅力を語ります。

校長イチオシの授業とのことですが、なぜですか?

単純に、私が小学生だった頃もしa.schoolがあったら、この授業に一番ハマるだろうなと思うからです。テレビゲームが家になかったこともあって、家族で将棋やカードゲーム、ボードゲームなどで遊ぶことが多かったんですね。その時間がすごく楽しかった。結果的に、そこで私の「思考力」の土台が作られました。

でも、大人になってわかったんですが、ただカードゲームをしても思考力は鍛えられないんですよね。色々戦略を考えながらゲームしている人と、なんとなく勘だけでやっている人がいる(笑)勘は大事なんですが、頭を使わず遊び続けても思考力を鍛えられない。

そういうことを考えて作ったのが、この『投資家・ギャンブラー編』です。

なるほど、ゲームで遊びながら、算数の思考力を磨くんですね。

そうです。まずは、徹底的にゲームで遊ぶ。その後、ゲームでの戦略を振り返りながら、「こういうふうに考えれば、もっとうまくできるかもしれない」と学んでいく。遊ぶ→考える→遊ぶ→考える、の繰り返しです。

私自身は、小さい頃から勝手にこれを1人でやってました。超がつくくらい負けず嫌いだったので、父親にどうやったら勝てるかを必死に考えていました。色々なパターンをシミュレーションしてみたり。

investor3

大人になって、お金を賭けると弱い、ということがわかったので、ギャンブルには深く手を出しませんでした。それはよかったです(笑)純粋に考えて遊ぶのが好きで、どんなゲームをしても結構強いと思います。

原体験をそのまま授業にした感じですね。ちなみに、もっと具体的に言うと、この授業ではどんな力をつけられるんですか?

今回設計した『投資家・ギャンブラー編』では、確率的思考のトレーニングをメインにしています。要は「どっちのほうが勝ちやすい?」「どういう結果にどのくらいなりやすい?」ということですね。確率とはあくまで可能性のことなので、高確率のほうに賭けても必ず勝つとは限りませんが、戦略を考える際に「考え方」として役立ちます。1回だと結果はばらつきやすいですが、何回もやればやるほど、理論的な確率と実際が近づいていくので、長期戦であればあるほど有効ですね。

investor2

確率を読んだ上でも、どんな戦略を取るのかは、人によって、局面によって、変わります。「小さくしか儲からないが、確実に稼ぎやすい手を打っていこう」とか「どうせ負ける可能性が高いから、一発逆転を狙ってハイリスクハイリターンのところに賭けよう」とか。特に、相手がいる勝負だと、他の人の戦略に合わせて、柔軟に考えることも大事です。

investor4

とはいえ、一番ベースとなるのは「確率的思考」です。相手や運は変えられませんが、確率は読めるので、鍛えておいて損はないです。

確率って分数を使いますよね。数や計算を習いたての低学年の生徒でも、できるものですか?

はい、一桁・二桁くらいの「足し算・引き算」(例:15+8=?)がある程度できて、50くらいまでの「数の大小の感覚」(例:23と17どっちが大きい?)がなんとなくあれば問題ないです。分数はほぼ使わずに教えるので。

investor5

investor6

こんな感じでビジュアルで表現して、「どっちが多いかな?」と考えていきます。マス目に色を塗りながら、場合の数の感覚を徐々につけていくので大丈夫です。最初は、勘で「なんとなくこっち!」でいいですし。楽しんでやっているうちに身につくと思います。

ギャンブルだけではなくて、投資にも繋げるんですよね?

はい、今回はむしろ「投資の中での確率的思考」のほうがメインなのですが、いきなり投資から入ると小学生は難しく感じてしまうので、まずギャンブルから入っていって、基本的な確率的思考を身につけてもらうような流れにしました。

その後、ギャンブルと投資って何が違うの?何が一緒なの?と考えていきながら、a.schoolが独自開発した「投資ゲーム」に挑戦します。いやー、これ面白いですよ!私自身が作りながらワクワクしています。チラ見せするとこんな感じです

investor7

四季報のデータを読みながら、将来どのくらいの確率で株価が上がるのかを予測して投資していくゲームです。

ちなみに、ギャンブルゲームをたくさんやりますが、こういうオチもちゃんと用意しているので、保護者の方はご安心ください!(笑)悪影響は及ぼしません!

investor8

(笑)。今回、ギャンブルと投資のゲームだけで終わるんですか?

いえ、ゲームの時間は長いですが、それだけではありません。まず、確率的思考を磨くトレーニングシートに取り組む時間があります。低学年と高学年で問題のレベルは違います。算数への接続部分ですね。

もう1つ、高学年向けのベーシッククラスでは、実際の株式銘柄への投資プランを考えてもらいます。100万円の投資プラン!

12月末の最終発表会では、それぞれが考えた投資プランを発表してもらい、生徒だけでなく保護者の方やうちのスタッフも参加して、もし自分が100万円を実際に投資するとしたら誰が考えたプランにお金を預けたいか考えて投票してもらう予定です。

授業では実際のお金は介在させませんが、リアルな銘柄で投資プランを考えるので、実際に1年・2年と経って、そのプランがうまくいったかどうか、架空の運用成績を分析することも可能です。

うわー、それはすごく盛り上がりそうですね!

話していて思ったのですが、子どもたちが考えた投資プラン、ネットで公開しても面白いかもしれませんね。本当に儲かったよ、って声がもらえたら、子どもたちも嬉しいと思いますし。外したら大変ですが(笑)

えー、そろそろまとめに入ると・・・「確率」や「場合の数」ってこういうふうに学ぶと絶対楽しいと思うんですよね。そして、学校の勉強の中だけでなく、暮らしの中でも使うことはあるし、ちゃんと将来の仕事にも繋がる要素もある。そう考えるとワクワクしませんか?

聞いていて、ワクワクしてきました! 実際の授業が待ち遠しいですね。お話、ありがとうございました。

「探究算数」クラス体験、絶賛募集中!お問い合わせはこちらから。

  1. エントリークラス(小1〜3) 毎週月・火曜日 16:00〜17:00
                   毎週土曜日 13:00〜14:00
  2. ベーシッククラス(小4〜6) 毎週月・火曜日 17:15〜19:15

a.schoolブログ

カテゴリー

最新記事

人気の記事

過去の記事

スマートフォン用サイトを見る