はじめての方へ

a.school(エイスクール)とは?

   「仕事につながる力」を養う、探究学習塾です

大人になるまでに養いたい力は、テスト対策の科目別知識や設問の解き方
ではなく、大切なことを「問い続ける力」「学び続ける力」

a.schoolの原点は、「学びがある人生は、とっても豊かでチャレンジングだ!」ということを、一人でも多くの未来の大人たちに伝えたい、との想いにあります。ここでいう「学び」とは、自らの興味関心に従って、探究・創造・協働のサイクルをぐるぐるまわすこと。


a.schoolでは、覚えるだけ・問題を機械的に解くだけのインプット型学習に偏重するのではなく、自分が見つけた「なぜ?」という疑問をとことん追求し、その答えを自分なりに表現したり行動におこすような、アウトプット型の学び(アクティブラーニング)を追求しています。


また、クラスメートや周りの大人達、そして広く社会と関わり共に学びすすめることで得られる、学びの相乗効果や他者との協働体験(チームワーク)を重視していることから、そのような環境づくりに力を入れています。


【コラム】 「探究」への取り組みが、新しい進路を拓く?!

みなさんは今、100年に一度とも言われる教育改革の検討が進んでいることをご存知でしょうか。学校の進路相談やメディアの報道で、「2020年に教育が変わる」と耳にしたことがある方も多いかもしれません。AO入試が導入されてから早数十年、大学からじわじわと始まった学びの質の変化が、中等教育へまでも浸透し始めているのです。

改革の目玉は、知識偏重から総合力評価へと仕組みが変わること。例えば理数科は、大学の研究で必要な「なぜ?」を問い続け探究する力(科学的なテーマを発見し、仮説をたて、実験・調査をする力)。社会科は歴史的な背景を読み取ったり地理的条件の違いを深く考察したりしながら、社会の問題を主体的に読み解き解決する力。国語や英語をはじめとする言語は、プレゼンテーションや議論・論述などのコミュニケーション方法を駆使して、表現(アウトプット)し伝える力。どれも総じて、社会を生き抜くために必要な数々な力を、早くのうちに身につけようとするものです。



現に、Super Science High School(SSH)やSuper Global High School(SGH)に代表される文科省指定校や、国際バカロレア(IB)校、公立中高一貫校などの入学試験では、生徒本人の学習意欲やその目的が、詰め込み型の知識よりも重視される傾向にあります。また、海外留学の選択肢がより身近になったことで、問題発見・解決力や論理的思考、表現力やコミュニケーション力など、学びに対する基本姿勢や教養を身につけるニーズが高まっています。

このような変化に備えるため、初等教育・中等教育の現場では「総合的な学習の時間」の更なる活用方法が活発に議論されています。例えば、プログラミングをはじめとする新領域の開拓や、アクティブラーニング(探究)のような新しい学習方法の導入などです。新しい「総合」や「探究」に対して積極的に取り組むことが、目の前の進路はもちろん、その先にある社会へ備えることに直結するのです。

2019年度通塾生募集開始! 


学びのアプローチ:3つの特徴

a.schoolでは、講義型ではなく双方向型(ワークショップ形式)で授業を行います。科目や学習内容によっては、グループワークや個別指導などの手法もかけあわせ、生徒一人ひとりがのびのびと、互いに刺激を受けながら学べる環境づくりを大切にしています。いわゆる「学習塾」とは少し異なる、その主な特徴を三つご紹介します。



「覚える」ではなく「考え、表現し、行動する」

問題の解き方や答えをただ覚えるということはありません。たとえ正解にたどりついても、「どう考えたの?」「なぜそう考えたの?」と問いかけ、自分なりに考える力を養います。その後、議論や発表を行ったり、時には作品作りなどをとおして表現したり、問題解決に挑むアクションを起こしたりします。「答えのない問題」をとりあげ、異学年混ざったチームで試行錯誤しながら答えを探ることもあります。

「教わる」ではなく「自分で、自由に」学ぶ

何を目指し、どのように学ぶかを決めるのは「生徒」自身。メンターのサポートのもと、目標・計画シートを書き、日々の振り返りを大切に、自分が決めたゴールに向かって学びます。また、教科書も指定席もないフリースタイルの教室では、自分にとって「心地よい学び」を追求できるのもポイント。グループで学びあったり、教室の隅で一人集中したり、自由と社会性のバランスの取り方が自然と身につきます。

「成績」だけではなく「好き」「強み」を伸ばす

成績に表れないような強みを伸ばしたり、自分が本当に好きなことをとことん追求したりすることも、人生で大切な要素です。それらを発見するには、ロールモデルとなるような多様な大人との出会いと、試行錯誤の伴走者が欠かせません。a.schoolは、幅広い専門性を持つ社会人ゲストと交流し社会を身近なものに感じられる機会をつくるとともに、メンターが生徒一人ひとりの個性と向き合い導くことで、将来を描くお手伝いをします。

保護者・塾生の声

保護者の声

「人の前でも臆せずに自分の意見が言えるようになってほしい。」と思い、入塾を決めました。a.schoolでは、一人ひとりが意見を口にする機会が多く、どんな意見も絶対に受け止めてもらえる「安心感」があります。だから息子も、自信を持って発言できるようになったと思います。(小6男 保護者)【リンク:インタビュー記事へ】

a.schoolでは、問題を解くための「やり方」に加えて、「広い視野を持つ必要性」や「解く面白さ」を教えてくれます。何よりも「なぜ」を考え抜くことで、「人間力」、つまり壁を自分で乗り越えられる力がつく実感があります(中2男 保護者)【リンク:インタビュー記事へ】

a.schoolの「探究・創造型学習」は、バカロレア校での「非認知スキル」を伸ばす教育と方向性が一致していますし、娘にはこの学習方法が合っていると思いました。今後の入試や就職のことを考えると、a.schoolやバカロレア認定校で学んでいる力が必要になってくると思います。(中1女 保護者)【リンク:インタビュー記事へ】

社会に出たら大事になる、アイデアを作り出したり、ディスカッションして意見をまとめたり、プレゼンテーションをしたり、といった普遍的な力を身につけられるのがいいなと思っています。なかなか学校ではそういったことをしっかり学ぶ時間が少ないので、a.schoolに通うことで補っています。(高2男 保護者)

塾生の声

英語の好き度はこれまで30%くらいだったけれど、a.schoolの授業で、英語で大喜利や色々なゲームをしたりして、英語って面白いと思うようになった。今は70%くらいかな。 (中2男)

数学って、実は、こんなふうに社会と繋がっているんですね。数学が初めて面白いと思うようになりました。数学をやらなきゃ、できるようになりたいとは思っていたけれど、これまで何ともできなかった。ここ(a.school)なら、私でも数学ができるようになれる気がします! (高2女)

数学も、英語も、ただ授業を受けて教えてもらうんじゃなくて、ワークショップで自分たちで色々考えたり、発表したりしながら、学んでいくのがすごく楽しい。こういう授業をもっとたくさん受けたいです。 (中3女)

自分にあう暗記の仕方や勉強の仕方って何だろう、っていうことを一緒に考えていけるのが好きです。僕にすごくぴったりの塾だと思います。 (中1男)

これまで、学校の先生も、塾の先生も、偏差値の高い学校に行きなさい、とか、君のレベルにあった学校はここだ、とかしか進路のアドバイスをしてくれず、ずっとモヤモヤしていました。a.schoolでは、色んな価値観の社会人・大学生の人が教えに来てくれて、進路についてじっくり話を聞いてアドバイスしてもらえるので、とても感謝しています。 (高2女)

AO・推薦入試での受験や、海外大学進学も進路の選択肢に入れているので、そういう対策もできるのがありがたいです。一般入試と違って大事なことって何なのか、何をいつまでに準備したらいいか、とか、具体的にアドバイスしてもらいながら、勉強しています。 (高1女)

講師・メンター紹介

岩田拓真

本郷校講師 / 株式会社a.school代表取締役

岩田 拓真

1985年京都生まれ。京都大学総合人間学部卒、東京大学大学院工学系研究科修了(工学修士)。東京大学i.schoolにてイノベーション創出の方法論について学ぶ。

大学卒業後は、経営コンサルティング会社Boston Consulting Groupにてコンサルタントとして勤務し、その傍ら小学生から社会人まで様々な層を対象とした教育プログラムの企画・運営に携わる。その後起業し、a.schoolを創業。

NPO法人 Motivation Maker副代表理事。
NPO法人 放課後NPOアフタースクール アドバイザー。

本郷校講師(おしごと算数・探究数学)

横山 明日希

1988年茨城県生まれ。早稲田大学大学院数学応用数理専攻修士課程修了。統計学を専攻。

学生時代に「数学の楽しさを伝える」ために「数学のお兄さん」として活動をはじめ、高校、予備校などで講演を行う。現在は数学×お笑い、数学×恋愛、数学×俳句など、「数学と何かを組み合わせる」という今までにはない切り口で講演、執筆、授業、イベント企画を行う。

数学分野だけでなく科学分野でも、子供向けの実験教室や大人向けの科学イベントなど「理系科目を楽しく学べる場づくり」に奔走中。

柏の葉T-SITE校講師(おしごと算数)

杉野 亮介

1986年埼玉県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。

学生時代に学習指導やテニスコーチの仕事を通じて「人に何かを教えること」に没頭。一方、日頃から思考ゲームや数学パズルなどに高じる、根っからのロジカルシンカー。

大人の教育を手掛ける企業に7年勤務し、子どもの教育分野へ転身。算数・数学の魅力を伝えるべく活動中。鋭い洞察に基づく個別指導は、お客様の間でも定評あり!

本郷校講師(おしごと算数・なりきりラボ)

石川 峻

法政大学人間環境学部人間環境学科卒業。

ベンチャー企業での法人営業、小中学生向け探究プログラム「サス学」でインターンを経験。コンテンツ開発設計、ファシリテーターとしての基礎を身に着けると同時に、全国高校生マイプロジェクトで1年間 ボランティアとして関わる。
大学生として教育に携わってきた経験から、一人でも多くの人に探究する機会を届けたいと思いa.schoolに参画。

趣味はバンド活動。メンバーと一緒にライブ活動、自主企画イベントを開催しコミカルなステージングとキレのあるツッコミでお客さんに笑いを届ける。音楽と笑いをこよなく愛する一面も。

若手とは思えない冷静さと対人力を持つ、注目株。

本郷校メンター

本間 雅恵

日本女子大学文学部。

"日常生活にはたくさんの知らないことがまだまだ沢山あります。身近なことへの探究心、それを満たしたいと思う事も勉強だと思います。勉強=楽しいこと。そう思える人が1人でも増えるよう、一緒に成長していきたいと思います!分からないことがまだ沢山ありますが、精一杯頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします!"

本郷校メンター

鵜沢 昇太

横浜国立大学経営学部。常にニコニコ、笑顔の溢れる穏やかメンター。共感力が高く、子どもと等身大で接することができます。時に子ども達とゲームの話題で大盛り上がり!

"幼少期に育まれた好奇心が、僕の人生に影響を与え続け、今に活きています。ぼくも子供たちが好奇心を育める場を提供したいと考え、aschoolに参加しました。生徒のみんなに寄り添いながら、僕も一緒に楽しみ、生徒とともに成長していきたいです!"

本郷校メンター

大角 麻亜紗

東京外国語大学国際社会学部。

"大学では国際協力の勉強をしています。学校以外での学習が、人の成長にどんな影響を与えているのか興味を持って、a.schoolでのメンターを始めました。生徒に学びを与えるのではなく、一緒に成長していける仲間として前進していけるよう精一杯頑張ります!"

本郷校メンター

濱 祐輝

東京大学教養学部。「苦労したい」という言葉通り、学校内外の幅広い分野の団体に関わる活動家。論理立った問いかけから、細かい気配りまでお任せあれ。

"a.schoolの授業は、たくさんの学びと発見に満ちています。「自分の興味を深めてみたい・視野を広げてみたい」という方は、a.schoolで一緒に学びましょう!"

本郷校メンター

櫻井 理人

東京理科大学理学部。

"a.schoolでは、生徒が本当に楽しそうな表情で学んでいるのが見ることが出来ます。そんな等身大の生徒、一人一人としっかり向き合いながら日々一生懸命メンターをしていきたいです。"

本郷校メンター

安藤 真理子

早稲田大学文化構想学部4。

"ただ、一方的に教えるのではなく、一緒に楽しんで、一緒に考えて、一緒に学んでいけるような人になれるように、全力でぶつかっていこうと思います!子どもたちの成長に負けないくらい、一日一日を、一時間を有意義なものにしていきます!よろしくお願いします!"

本郷校メンター

臼田 美菜子

慶應義塾大学総合政策学部。ワークショップの企画や運営に関わる等、様々な活動で力を発揮。a.schoolでも持ち前の行動力とはつらつ笑顔で子ども達をリードします。

"「好奇心」や「協働する力」は学びの場だけではなく、いつでもどこでも使える一生の宝物だと思います。生徒一人ひとりとしっかり向き合えるメンターを目指します。一緒に学びを楽しみましょう!"

本郷校メンター

石戸 純

立命館アジア太平洋大学国際経営学部。

"遊び×学びをモットーに、子どもたちと伴走していきます!遊びの中から学びを見つけて、好きなことに打ち込んで、「楽しい!」という気持ちや直感を大切に一緒に学んでいきましょう!"

本郷校メンター

大森 友暁

早稲田大学教育学部。大学2年生に見えない冷静さと包容力で、子どもたちの考えをくみ取り寄り添うお兄ちゃん。

"a.schoolの創造力を掻き立てるワークは、子どもたちに新たな気付きを与えてくれます。私は、大学生という“ナナメの関係”を活かして、子どもたちの気付きをさらに深め、子どもたちを刺激する存在になれたらと思っています。Let’s enjoy a.school together!!"

本郷校メンター

久我 美月

慶應義塾大学法学部。元a.school中高生キャンプの参加者。自らが体感した「学ぶ楽しさ」を伝えるべく、誰もがほっこりする優しい笑顔で子どもをサポート。

"小中高生の間に学ぶことの楽しさを知り、自分の「好き」を見つけることはとても素敵な経験になると思います!a.schoolはそんな経験ができる場所です。個性豊かな生徒たちのいいところを引き出して、学びの楽しさを知り、「好き」を発見するためのサポートができるよう頑張ります!"

本郷校メンター

佐久間 康生

法政大学経営学部。サッカーのコーチ経験で鍛えられた兄貴肌が人気の、ベテランメンター。

"学びを楽しむことをモットーに、新たな発見に導くメンタリングを意識しています。一緒に学び、たくさんの気づきを見つけましょう!"

本郷校メンター

木幡 壮真

東京大学工学部。

"全然知らない分野に触れて、自分でも気づいてなかった好きや得意を発見し、自ずと興味が広がり深くなる。そんなきっかけに溢れている場所がa.schoolです。一緒にワクワクしながら、いろんな世界を探究しましょう!"

本郷校メンター

中村 光佑

中央大学総合政策学部。子どもの目線に立って、誠実で真面目なサポートができる真っ直ぐなメンター。「?なんよ」という柔らかな語り口に子どもたちも親しみをもてます!

"ラグビーの経験を活かして皆さんと一緒に楽しく学んでいきたいと思います!よろしくお願いします!"

本郷校メンター

佐々木 彩夏

早稲田大学文化構想学部。

"みなさんには好きなこと、やりたいことがありますか?a.schoolではたくさんの体験の場が用意されています。その体験の中で「これだったらやりたい」「これ楽しい」と思うものがきっと見つかるはずです。一緒に楽しみながら学んでいきましょう!"

柏の葉校メンター

上原 康大

福岡大学経済学部 修了。

"「探究する」ことは、これからの社会に求められる力でもありますが、何より「自分らしいワクワクのある豊かな人生」をつくることそのものだと思っています!遊び心をもって、一緒に算数に夢中になりましょう!"

【ゲスト講師】

a.schoolの授業やイベントには、研究者からデザイナやコピーライターまで、多岐にわたる分野の最先端で活躍する、多彩なゲストが登壇します。


ゲスト一覧 



メディア掲載・受賞歴



greenz.jp(2014年11月/インタビュー記事)
"いつのまにか勉強が好きになる!モチベーションの学習塾 a.school 岩田拓真さんに聞く「”0から1を切り拓く人”の育て方」"

HUFFINGTON POST(OYAZINE)(2015年3月/インタビュー記事)
"自ら目標を設定し、自ら学習する意欲を引き出し、ゼロからイチを生み出せる若者を育てたい - a.school 代表 岩田拓真"

提供コース概要

a.school(エイスクール)では、以下のコースを提供しています。

小学生コース:なりきりラボ・おしごと算数


中高生コース:探究ラボ


スマートフォン用サイトを見る